OFF THE GRID --- オフ・ザ・グリッド(電力会社供給の電気に頼らない)




ソーラーオーブンに材料を入れて太陽の光に良く当たるところに置いておくだけ。
ガスで火をつけっぱなしにしたのを忘れて後で大変なことになるということはない。

こんなものを作ってみた・・・(画像をクリックすると作り方がみられます)

鶏肉と野菜の煮物 お豆ごはん ヤムいも チーズポテト
マグロオーブン焼き お豆さん ブラウニー オーブンチキン
鶏丸焼き ピザ とうもろこし カレー
オーブンじゃがいも 蒸したまご 目玉焼き アップルポーク
トライチップステーキ盛り合わせ ローストポーク 野菜シチュー ビスケット

OFF THE GRID
オフ・ザ・グリッド(電力会社供給の電気に頼らない)


1、ソーラーオーブン

調理にこれを使ってみたらどうだろう? 材料を入れて太陽の光に良く当たるところに置いておくだけ。 ガスで火をつけっぱなしにしたのを忘れて後で大変なことになるということはない。

ソーラーオーブンは基本的に内側が黒く塗られた箱でガラスの窓がついている。
その窓から太陽光(熱)を取り入れて中が熱くなる。
製品として売られているソーラーオーブンの窓の外側には窓を取り囲むように金属のパネルがついている。 このパネルで太陽光を集めて効率性を上げている。
金属パネルつきのソーラーオーブンでは日差しの強いときオーブン内の温度は200度くらいにまで上がったのを観測した。

ソーラーオーブンを使って、クッキー、ブラウニー(チョコレートのお菓子)、パンを焼いてみた。 豆を煮たり、スープを作ったり、ご飯も炊いてみた。結構うまくできた。
電気代もガス代もかからないから嬉しい。

-*-*-SOLAR COOKING ~豆を煮てみた-*-*-*-*-

しばらく前に買った乾燥豆(黒豆? 調理前は黒かったが調理したらちょっと
赤っぽくなった)をみつけたのでそれを鍋に入れて、水をたくさんいれて
(沸騰しても吹きこぼれない程度の量)ソーラーオーブンにいれておいた。

オーブンの温度はだいたい150度くらいだった。だいたい5時間ほどいれておいた。
うまく煮えたと思う。ちゃんと柔らかくなっている。
待っている間、たまに太陽の位置にあわせてオーブンを回転させた。
こんな風にできた。(写真はふたをとったところ)

味付けをしなかったので、後でメープルシロップをかけたり、
砂糖と混ぜたりして食べたらあんこ風になった。


-*-*-SOLAR COOKING ~ジャガイモをいれてみた-*-*-*-*-

ジャガイモを洗って水を少々いれてふたをするだけ。 オーブンの温度は約140度。
だいたい2時間ほどで食べられるみたいだが3時間ほどいれておいた。

ほくほくになってできた。オーブンの中で水蒸気が保たれている。
煮るのとちがって味や栄養が外に流出しないのでおいしかった。

右の写真は水蒸気がオーブンの中に充満している様子。








こんな風にホクホクになったよ。



-*-*-SOLAR COOKING ~ソーラー豆ごはん-*-*-*-*-

米を洗って鍋に入れ、その上に(冷蔵庫で
保存しておいた) おとといの豆をちらし、
いつものように ソーラーオーブンにいれて
3時間ほどおいておいた。
米は2合。炊飯器の内鍋で
水量をはかった。


豆が浮いてできたけど、混ぜたら
右の写真のとおり。
塩をふっていただいたら赤飯風だった。